葬儀・葬式を行う際にお世話になる葬儀社には種類があります。大きく分けて2種類があり、これらを知ったうえで利用する葬儀社を決めることで、葬儀・葬式を適切に行うことが可能になります。

・一般葬儀社
一般葬儀社とは、葬儀・葬式を行っている会社になります。チェーン展開しているようなものから家族経営といったものまであり、会社の規模は様々です。また、自社で会館を持っているところから会館は別に借りる必要があるところまであり、その点を踏まえ利用する必要があります。

・JA、生協
JA、生協でも、葬儀・葬式を行っています。この場合、組合員のみの利用と思われがちですが、実際、組合員でなくとも利用することができる場合があるため、気になる人は問い合わせしてみると良いかと思います。

・その他
以上以外にも互助会や共済に加入している場合は、その加入先の葬儀社を利用することになります。故人が事前に加入している場合もあるため、必ず確認が必要です。