昨今お墓に対する考え方が多様化してきており、散骨という選択をする方も増えていると言われています。 散骨のメリットはお墓の代金がかからないことで、新しくお墓を購入しなければならないけれど金銭的余裕がないといったときにも安心して供養することができます。また、お墓自体が存在しないということになるため、後にお墓を引き継ぐ人間がいないという状況の方が利用することも少なくありません。 日本での主流は海に骨を返す海洋散骨で、クルーザーなどを借りて行うのが一般的です。個別で行う際にはチャーター料金をすべて負担する必要があるため、20万円から30万円ほどの予算が必要となりますがプライベートな空間の中でお別れをすることができます。他の家族と合同で行うようにすれば、定員や日付などの成約はありますが10万円程度で行うことができます。 更に費用を抑えるのであればすべてを委託することも可能で、こちらは5万円程度で行うことが可能です。 故人の意向や予算に合わせて選択し、故人とお別れをしたいものですね。