墓じまいへの関心が高まっているのは、日本の抱える高齢化社会の問題が影を落としているといえるでしょう。そもそも、墓じまいというのは先祖代々が守り抜いてきた墓を、自らの代で終わらせるというものです。墓じまいがここまで拡大しているのは、死に対する価値観や考え方にも変化が生じているともいえるのではないでしょうか。高止まりする高齢化率や晩婚化なども大きく寄与しています。
最近では、墓じまいをサポートするサービスも増加傾向にあり、サービス拡大を後押ししています。「先祖に対して申し訳ない」などと、墓じまいを躊躇する人もいるかもしれません。しかしながら、そのような考えを続けることでかえって墓の管理が行き届かなくなるかもしれません。最終的には管理ができずに、国や自治体の管理下になってしまいます。そのような事態を回避するためにも墓じまいは有用です。墓じまいの費用は、おおむね3万円程度というところもたくさんあります。