近年、墓じまいをする方が増えてきています。子供に負担させてはいけないとか、そもそも独り身で先祖の墓を維持していくことが難しいといった理由から、墓じまいをする方がいらっしゃいます。ただし、この墓じまいは管理をしている自分自身だけの判断で勝手にやってしまうと後々トラブルになることがありますので注意が必要です。それは墓というのは、自分自身だけの問題では済まないからです。親族や故人の友人なども訪れる場所だということを忘れてはいけません。それを考えずに勝手に墓を撤去してしまうと、それを快く思わない方も中にはいらっしゃいます。
それとお寺との関係も悪化する可能性もあります。長年お寺の敷地内の土地を貸してくれていた住職さんとの関係も墓じまいの時には考える必要があります。お寺にとって墓じまいするということは、言い換えれば檀家が減ることになります。檀家が減れば管理費やお寺に対しての寄付も入らなくなります。そうした理由から、慎重にに手続きを進めていかないと、住職さんとの関係が悪化して最悪なケースになると高額な離檀料を請求される可能性があります。実際にそうした事例もあります。
以上のように墓じまいといっても簡単にできるものではありませんので、もし仮に墓じまいをしたいのであればまずは親戚を含めて話し合って、墓を今後どうしていくかをしっかりと話し合いましょう。また、墓じまいに関する専門家に一度相談してみるのもオススメです。